taitoru
HOME > 会社概要 > 佐田グループ沿革

佐田グループ沿革

おかげさまで、佐田グループは90年を迎えることができました。

1923年 大正12年 佐田定三、米川本店より独立し、服飾雑貨卸商を開業。
1945年 昭和20年 佐田茂司佐田茂司、満州より生還。戦中通信隊での技術を活かし、焼け野原の神田にてラジオ修理業を開業。
1950年 昭和25年 佐田茂司、家業に復帰し、紳士服地卸商・佐田羅紗店を分離設立。
1957年 昭和32年 オーダースーツ直販部門・銀座アルゴ設立(後のオーダースーツSADA)。
1960年 昭和35年 廃校の体育館を買い取り、オーダースーツ縫製工場・江戸川工場設立。
工場
工場
1961年 昭和36年 佐田被服工業株式会社(オーダースーツ縫製部門)を分離・設立。
同時に埼玉県大宮市に大宮工場を竣工(江戸川工場を移転)。
1967年 昭和42年 佐田被服工業、宮城県三本木町に三本木工場を設立。
1972年 昭和47年 佐田被服工業、三本木工場にCAD(自動設計システム)を導入し、高度に自動化されたオーダースーツ専用縫製ラインを構築。
1979年 昭和54年 株式会社佐田羅紗店と佐田被服工業株式会社を合併し、株式会社佐田を設立。生地仕入から縫製までのワンストップサービス提供を開始。
1985年 昭和60年 岩手県西根町に西根工場竣工。
1986年 昭和61年 3代目・佐田久仁雄 代表取締役社長就任。
1990年 平成2年 北京佐田雷蒙服装有限公司天安門事件の最中も合弁交渉を続けた佐田久仁雄はようやく合弁契約締結に漕ぎつけることに成功。
北京市に日中合弁企業・北京佐田雷蒙服装有限公司(北京工場)を設立。
1991年 平成3年 大宮工場にCAM(自動裁断システム)を導入。大宮工場をテクノセンターと改称。
1993年 平成3年 中国国際服装博覧会金賞受賞。
1994年 平成6年 中国国際服装博覧会金賞受賞(2年連続)。
2002年 平成14年 北京佐田電蒙服装有限公司(北京工場)を北京市通州区に拡大・移転。西根工場を北京工場に統合。
2002年 平成14年 北京佐田雷蒙服装有限公司工場直販店オーダースーツSADA 1号店を神田に出店、直販部門・銀座アルゴを吸収合併。
2003年 平成15年 北京工場の統括部門として、埼玉県さいたま市にテクノセンターを拡大・移転。
2003年 平成15年 (株)佐田のWeb サイト開設。楽天ショップ・オーダースーツSADA開店。
2005年 平成17年 大阪府大阪市内に大阪営業所を移転。
2006年 平成18年 宮城県仙台市内に東北営業所を移転。
2007年 平成19年 福岡県福岡市内に福岡営業所設立。
2008年 平成20年 東京都千代田区にテクノセンターを移転。
2009年 平成22年 工場直販店オーダースーツSADA 10店舗に拡大。
2011年 平成23年 東日本大震災にて宮城の三本木工場が被災。1ヶ月でフル稼働に復帰。
2012年 平成24年 4代目・佐田展隆 代表取締役社長就任。
2013年 平成25年 北京1号店「佐田雷蒙 西服定制」を北京市朝陽区の万通中心に出店。